『最近手荒れしている手荒れを治す手荒れ解消法』

手洗いやアルコール消毒をする機会が増えました。手荒れや手の失神が悩みで、菌がしっかり取れていないかもしれないと心配のあまり手洗いをしすぎてしまいます。手荒れを改善するには、まずお湯の温度が大切。手洗いの温度は40度以下のぬるま湯が良く、43度以上だと痒みや痛さを引き起こしてしまうみたいです。

レナセルクリアセラムの口コミ

手があまり汚れてない時は、手洗いよりも、アルコール消毒が良いです。アルコール消毒は高い抗菌活性で、皮膚損傷のリスクが低いです。尿素入り保湿剤やセラミド入り保湿剤を手洗い後に手肌に保湿すると◎。保湿剤は手洗いで刺激を受けた皮膚を保護することができます。保湿にほハンドクリームがおすすめです。ドラッグストアやネットでも購入できます。潤いを手に届けることができ、しっとり保湿できます。手荒れが酷い人や、敏感肌の人は、低刺激な「ワセリン」がおすすめです。

ワセリンは、肌表面にとどまって、手に膜をしてくれるので、手荒れでバリア機能が弱まっている手肌を守ってくれます。食器を洗う時はゴム手袋がおすすめです。油汚れに強い洗剤は、刺激の原因になり、手荒れの原因にもなります。手肌を守るためには、食器洗いはゴム手袋がおすすめです。