私がおかしいって教えてくれた人

彼女や結婚してる人を好きになることは考えれなかった時があった。そんな私が家庭を持つ男性を好きになったことがありました。
私のある事情で仕事と住む場所がなくなることがあって不安で絶望感を感じて誰にも相談出来なくてただただ悩んでいた時に知り合いの数人と食事をする機会があったのです。

バツイチ子持ち男性は結婚相談所で婚活!

その時に、ある妻子ある男性が自分の様子がおかしいって感じたみたいで色々、話をした。

仕事、住む場所がなくなるというのは何かがあるからだけど突っ込んで聞いてくる人はいなくて、妻子ある男性くらいでした。話をしようとしてくれたのは。

その日から連絡を取るようになり、付き合いが始まりました。
毎日連絡はきていたけど5分も話さない会話で「元気そうだね?」って安否確認してるだけみたいな感じだったけど満足していました。たまに会う時間も作ってくれていただけで十分でした。 
付き合い初めは、家族に嫉妬することありましたが喧嘩したりもしながら自分の心の大きな変化がありました。

自分の駄目なところ、変わらなきゃいけないこと…少しずつ変えていこうと考えれるようになってきました。そんなことしているうちにある思いが浮かんできて、自分の家族を作りたい。彼のような家庭、彼ではない誰かと作るって思い始めました。

なぜか気持ちも覚めてきた感じがしました。

自分の不安、絶望を感じていた私を助けてくれる為にその人との出会いだったのだと思います。私の人生の出会う人達の中で、後にも先にもその人しか私を助けれない存在だったと思います。