敏感肌はつらい!化粧品ジプシー

高校生の時に、日本酒入りを謳った化粧水を使い、皮膚が真っ赤に腫れ痛みとかゆみが出た日が、私の敏感肌人生の始まりでした。
それまでは、なんでも使える強い肌だと思い込んでいたのですが、よくよく観察してみると、あれもダメ、これもダメ……意外と使えないものが多い。
気づけば基礎化粧品ジプシーと化していました。

シロジャム(Sirojam)

敏感肌用の基礎化粧品は使い続けられないようなお値段のものも多いです。たとえサンプルを頂いても、2、3日くらいは特に症状が出ないパターンもあり、買ったあとで赤みが出て、泣く泣く捨てる羽目になった基礎化粧品も多数。

35にしてようやく、身近すぎて逆に盲点だった「ちふれ」がかなり肌に合うと気づいた時は、本当にほっとしました。ちふれのものなら何でも全て使える、というわけではないのですが、安価なので、ダメだったとしてもショックが最小限に済むところも嬉しいです。

個人的には、特に難しいのが、リップクリーム選び。唇は特に症状が出やすく、どれを使ってもダメで、唯一キュレルのリップクリームだけ使えています。
自分の中の意識が、綺麗になりたいというより、トラブルをいかに抑えるかという考えになりがちな敏感肌。お化粧を楽しむのはなかなか難しいのですが、これからも少しでも合う商品を見つけていきたいです。