虫歯や歯周病と口臭の関係

まず始めに虫歯とはなにか?についてです。

ミュータンス菌が歯を溶かしていきます。
歯の構造としては、血管、神経、歯根膜、歯槽骨、歯肉、象牙質、エナメル質です。
ミュータンス菌が、エナメル質を溶かして虫歯になります。

イニオの効果

虫歯になると歯が茶色になり、やがて黒色になり腐っていきます。
虫歯の予防としては、フッ素入りの歯磨き粉を使用したり食べた後に歯磨きをしたりすることも大事です。

次は、歯周病です。

歯周病とは何か?

細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
掃除が行き届いていいないと細菌が停滞して増殖し歯肉が炎症して赤く腫れあがります。
進行して、歯槽骨が溶けて歯茎が柔らかくなり歯が動いて最後は抜歯をしないといけない状況になります。

歯周病の進行させることの例を挙げてみましょう。

歯ぎしり、くいしばり、噛みしめ、ストレス、不規則な食生活、喫煙など身近にあるものばかりです。

歯周病の予防としてなにがあるか?

歯の磨き方、食生活の見直し、アルコールやたばこはほどほどにする、免疫力をアップさせる、定期的に歯ブラシを新しいのに代えるなどがあります。

最後に口臭についてです。

口臭とは?

口の中にバクテリアが繁殖することによって発生する不快な臭いです。

原因としては、虫歯と歯周病と同じです。

ドライマウスという口の中が乾燥しているときに起こります。

以上です。

マウスウォッシュを使った口臭予防

口臭には様々な種類や原因がありますが、ほとんどが口を発生源とする口臭です。

これらの口臭を予防するお口のケア法の1つにマウスウォッシュがあります。

イニオはマツキヨやドンキなどで購入可能?3ヶ月飲んだ効果と私の口コミをレポート!

現在、口臭を予防するマウスウォッシュ製品は数多く市販されています。

今回はマウスウォッシュについてお話します。

マウスウォッシュには大きく2つのタイプがあります。

1. 化粧品に分類される製品

臭いを分解して消臭するもの、香りの強い成分で口臭を隠すマスキング効果によるものが大きいです。

そのため、爽快感や香りは得られますが、一時的に口臭を予防するだけであり、根本的な解決にはなっていません。

2. 医薬部外品に分類される製品

臭いの元凶となる口内細菌(大部分が歯周病菌)の発生を抑えるために、殺菌力のある成分などの薬用成分が含まれています。

口臭の発生過程に関与する口内細菌を日常的に殺菌することが効果的です。

もちろんマウスウォッシュだけでは、口臭予防としては不十分です。

毎日のブラッシングやデンタルフロスの使用、歯間ブラシの使用などでしっかりと歯垢(歯の表面についた細菌のかたまり)を機械的に除去することが重要です。

プラスとしてマウスウォッシュを使用していただくとより効果的だと思います。

夫の口臭改善を目指して試した二つの方法

ここ何年か、一緒に出掛けた夫の口臭が気になっていました。イニオの効果と口コミ評価!販売店で市販されているのか近所の実店舗を調べてみた!

最初は気のせいかなと思っていたのですが、並んで話しながら歩くと本当に気になります。

「これは会社でも嫌がられているかも」「子どもも何となく夫が臭いと気づいている感じがする」と、気になりだしたら止まりません。

そこで、夫の口臭を改善するべく色々試してみました。

まず一つ目は、歯磨きです。

電動歯ブラシを使い、せめて寝る前だけでもじっくりと歯磨きをしてもらいました。

最初の何日かは効果がありました。

朝起きてきたときの挨拶から、口臭がしません。

ところが歯磨きは長く続きませんでした。

電動歯ブラシは、充電したりブラシ部分を清潔に保つなど、歯磨きの他に様々な動作が必要です。

結果、そもそも歯磨き嫌いの夫は、電動歯ブラシを使うのが面倒くさくなり、やがて歯磨きもしなくなりました。

次に試したのは、液体歯磨きです。

液体歯磨きは、液体を口に含み、あとは口をゆすぐだけです。

手間がかからないので、これは長く続きました。

最初は「液体歯磨きの臭いに誤魔化されているのかもしれない」と感じていましたが、2週間続けると口臭がかなり改善されていることに気づきました。

一緒に出掛けてお喋りをしても、まったく臭わないのです。

液体歯磨きは多数のメーカーから出ていますので、薬局で夫にどれが良いか選ばせたのも良かったと思います。

お気に入りの液体歯磨きを見つけてから、さらに夫の口臭は改善されました。

思い切って一緒に薬局へ行って良かったと感じています。