映画は最高のストレス解消法

私は映画を観るととても気持ちがすっきりして、気分が解放されます。

会社で厳しい上司に悩まされたり、家庭の中で家族と大喧嘩した時には、すぐに映画館に向かいます。座席券を買う時から、もう意識はポジティブな方向に向き始めるのは不思議ですが、きっと私は子供のころからの習性で、泣ける映画や感動する映画を観ると、全ての煩わしいことは忘れてしまうという体験が、もとになっていると思います。

CBDMAXのリラックス効果は?睡眠不足のOLが効果と体験談を紹介!

券を買って、シアターの何番かの部屋に入ると、素晴らしい映画群の紹介が始まっていて、もう気持ちはドキドキハラハラへ一直線。なんて映画はすごいんだろうと思いますが、やはりたった2時間ぐらいの中に、たくさんの人生を体験できるというのは、最高の精神のごちそうだと思います。そして、中でも大好きなのは、泣きの入る恋愛もの。

恋愛ストーリーは、まさに人間として生まれて来た以上、最高の体験の一つです。それを、主人公になりきって体験できるのですから、宝の時間と言えます。ヒロインと会ったり、別れたり、再会したりと、涙暇なしのストーリーだったりすると、もう涙腺は開きっぱなし。

なんでこんなに泣けるんだろうと思うくらい泣けます。そしてラストのハッピーエンドとなると、僕の人生はこんなに素晴らしいんだという幻想を持ってしまうくらいです。その頃にはちっぽけな悩みなんか、ただの苦しいゲームの一つのようにしか思えないから、本当に嬉しくなります。映画を観ることは最高のストレス解消法です。

ストレス解消法について

私がストレス解消する為に行なっている事が多々ございます。CBDMAXの効果を徹底検証!睡眠不足の解消に使用した私の口コミ!

ストレスとは大きく分けて、肉体的ストレスと精神的ストレスの2種類に分かれます。まず、肉体的ストレスに関しましては、筋疲労や腸内環境が悪くなっており腐敗している状態が続いている等、様々な点が上げられます。

私が、肉体的ストレスを克服する為に行っている事はスバリ筋トレです。

筋トレと聞きますと、筋肉に刺激を与えるので、余計疲労が溜まりストレスになってしまうと思っている方も多いのではないでしょうか?

強度がとても強く過度すぎる筋トレの場合は、逆にストレスになってしまう事もございます。ただ、適切な強度の筋トレを行う事で、血流促進や代謝促進、またストレスの原因になる活性酸素を排除する事ができます。

筋トレを行う事で気分もスッキリしたり、テストステロンというホルモンが出て筋肉の合成にアプローチしてくれて体が変わっていき、自分に自信が持てたりとメリットしかないです。筋トレはとても良いストレス解消法だと私は思っております。筋トレを行って行く上で、鍛えて頂きたい部位がございます。それは「下半身」脚の筋肉です。

人間の筋肉は、下半身に役6?7割筋肉があります。大きい筋肉(大筋群)を鍛える事で、代謝促進されるスピードが上がります。代謝促進される事で、発汗し体内の老廃物が多く出てストレス解消に繋がります。大きい筋肉を鍛える事で、筋肉量もUPし、運動していない普段でも代謝促進されている状態が続きます。

私は、筋トレを週4?5回は行っております。Youtubeを見たり、好きな食べ物を食べたり、お酒を飲んだりすることもストレス解消にはなるとは思います。

これらと併用して筋トレも取り入れて見てください。今のコロナウイルスで在宅が続く時期にもオススメです。習慣化していけると良いですね。

筋トレは、肉体的ストレスにアプローチ出来るだけではなく、精神的ストレスにもアプローチしていく事ができます。

精神的ストレスを解消していくために、「呼吸法」と「瞑想」こちらの2点をストレス解消するために毎日取り組んでおります。

呼吸は腹式呼吸で背筋を伸ばしてゆっくりと行う。瞑想は10分間目をつぶって何も考えず脳をリラックスさせます。毎朝に取り入れますと1日の始まりが良いスタート切れますので、皆さんもぜひ行なってみて下さい。

夜はランニングへGO!

結婚して育児真っ最中の普通の主婦です。3月に退社して家にいる時間がほとんどの私。コロナウィルスの影響で学校が休みの子供と一緒に過ごせる事は幸せです。ですが急に仕事を辞めることになって、次の仕事も決まっていない状況で毎日を過ごしています。http://www.ravizzabrownfield.com/

旦那様の収入で生活は出来るのでそんなに困ることはないのですが、やはり肩身は狭い思いでいます。好きな物を好きなだけ買うことにも遠慮します。私も早く収入を得て家庭を潤したいと考えてはいますがなかなか直ぐに仕事が見つかる訳でもないので、毎日パソコンを開いて、ブラインドタッチの練習、在宅ワークの仕事検索、ハローワーク情報閲覧、と母の背中は子供にどのように映っているのかと焦る気持ちもあります。

これも言うならばストレスになるのでしょうか、本来ならば週2回のバレーボールの練習に行って仲間と汗を流し気分も晴れるのですが、このようなご時世で施設利用も出来ず、発散する場が一人でランニングしか思い当たらず、昼間は人目が気になり走る勇気もなく、結果夜にひっそり家の付近を4㎞走って汗を流すこれ冥利につきます。昼間の内面的な疲労とは真逆の肉体の疲労感が心地良く、湯船に浸る毎日が日課です。