ニキビ予防に効果的な2つのこと

私は、中学校卒業までは全くニキビに悩まされることはありませんでした。しかし、高校生になってからは、何度かニキビに悩まされる機会がありました。そして、高校3年生から大学1年生までの2年間は、ほぼずっとニキビに悩まされました。

ビューティークレンジングバーム

その時の私は、人と目を合わせて会話をすることや鏡を見るといった、日常生活で必要なことをするのも辛かったです。そのため、なんとかしてニキビを改善したいと様々なことを試しました。皮膚科に行ったり、有名な化粧品を買ったりもしました。これらのことは効果が出る時もありましたが、私にとってはあまり大きな効果は得られませんでした。しかし、このまま終わるわけにはいかないと思い、さらに肌に関することを勉強しました。

その結果、私に効果があったものを2つ紹介します。まず1つ目は、睡眠時間の確保です。私だけでなく、高校生や大学生は勉強などによって、ついつい夜更かししてしまうという日々を送っている人も多いと思います。ですが、睡眠時間が短いと、肌の再生であるターンオーバーというものが遅れたりと、デメリットしかありません。そこで、私は忙しい日でも最低6時間は睡眠をとるようにしました。これにより、肌荒れは明らかに改善されました。

2つ目は、自分に合う化粧品を見つけるということです。肌には、乾燥肌、混合肌など様々な種類があります。まず、自分の肌がどのような肌なのかを把握し、それに合った化粧品を使います。しかし、自分の肌に合うものはすぐには見つからないため、最初はいろいろな種類を試してみるのが良いと思います。試行錯誤を重ねるうちに、だんだん自分の肌と相性が良いものが見つかってくるはずです。他にもニキビができないための努力はいろいろしていますが、私にとって効果が大きかったものはこの2つです。